恐るべし通学自転車の進化

昨日のブログにも書いたんですが

MIHOのBe a CYCLISTA!のロケで

カンセキさんの取り扱っている通学自転車を見せてもらったんですね。

2台あったんですがどちらも中学生向けとのこと。

まず1台目はこちら。

ブリヂストンの『アルベルト』です。

これは通学自転車としてはおなじみですよね。

まず車体は剛性のあるアルミフレーム

しっかりとした車体で3年間の自転車通学を支えます。

そしてチェーン部分は驚きの

ベルトー!!!!!!

チェーンじゃなくてなんか

ちっこいベルトコンベアみたいの

ついとるー!!!!!!!

これがすごいんですって。

何がすごいって

①錆びない

チェーンじゃないから錆びない。

②落ちない

チェーン落ちした時の煩わしさからの自由。

③注油いらない

ベルトなので注油いらず。

の3拍子そろっちゃってるんですよねぇ。

『ベルトって弱いんじゃないの?

ちょっと強く踏み込もうもんなら

パーンといっちゃうんじゃないの?』

と思っているお母様方。安心してください。

このベルト1本で、1トンだか2トンだかの重さ

持ち上げることができるんです!!!!(曖昧)

すみません、1トンだか2トンだか

聞いたんですけどどっちか忘れちゃいました。

いや、そのくらいすごい力を持っているので

強い踏み込みにも耐えられるんですよ。

フィニッシュ寸前のサガンの超絶スプリント

にもこのベルトなら耐えてくれることでしょう。

 

そしてなんと

後輪の赤いチカチカは

太陽光発電で、暗くなったら自動で点灯!

更に

前輪のライトは、漕ぐとこのホイールの中心部分で発電!

こちらも暗くなると自動で点灯してくれます!!

すごいよこれは・・・すごいことだよ

わたしが学生の頃なんかは前のライトつけようと

走行中に右足伸ばして『ほっ』ってつま先で蹴るやつ

でしたからね・・・!!(悪い子の着け方です)

しかもホイールに擦れて(発電している)

ギア重くしたみたいに自転車が重くなって

ライトつけたら坂が辛いやつでしたからね・・!!

もちろんアルベルトはそんなことはなく、

ライトをつけても快適ペダリングです。

いやしかし本当に自動点灯は素晴らしい。

学生は特に無灯火が多いなと感じます。

怖いし、危ないし、なにしろ

暗闇でライトつけてないとか、自らの存在を意図的に隠しているのか?と思うくらいこちらからは全然見えないのに、万が一車で引っかけたらこちらのせいになるのは不本意でしかないし迷惑極まりない。非常識甚だしいので無灯火は絶対にやめていただきたい(ドライバーの本音)

こういう自然点灯のライトが増えて

無灯火自転車が減るといいなぁと思います。

 

そしてMIHO氏のオススメポイントとしては

これ!!!!後輪についている鍵です。

一見、普通のママチャリについている鍵に見えますが

ハンドルにもロックがついていて、

後輪の鍵をガチャリと締めると

ハンドルも一緒にロックされる仕組みなんです!!

『一発二錠』というみたいです(●’w’●)

これなら万が一、後輪の鍵が壊されても

乗っていかれることはありません!

防犯面もバッチリですな!

 

さあ、そして最後にご紹介するビックリ機能(?)がこちら!!

前後輪についているこちらのスイッチみたいな突起物。

その名も

空気ミハルくん

なんとタイヤの空気が甘くなってくると

この赤いのが中からピョッと出てきて

そろそろ空気入れてね!という合図をくれるんです!

(空気圧が十分な時はこの赤いのは見えません)

なんと便利な・・・!!

中学時代、自転車というものに疎すぎて

(というか移動手段としか思っていない)

空気も自分で入れたことがありませんでした。

たまに、父が見てくれていて確認してくれていたみたいです。

この空気ミハルくんがあれば

赤い目印が見えた時にすぐに空気を入れられますよ!

これは本当に便利だなと感じました!

ロードバイクにもこの機能欲しい・・・

 

さて、最新の通学自転車

ブリヂストンのアルベルト

いかがだったでしょうか??

この春、通学用自転車が必要な方

検討してみてくださいね(*´꒳`*)

または知り合いに中学入学のお子さんがいらっしゃる方

ぜひ教えてあげてください!

 

ちなみに、ここまで褒めちぎっていると

ブリヂストンから金をもらって宣伝してんじゃねぇのか???

と勘ぐられそうですが

安心してください。勝手にやってます。笑

本当に、ロケでお話を聞いて

今の通学用自転車の進化に衝撃を受けたんですよ・・・

ここまで進化していたのかと・・・

この進化をみなさんにお知らせしなければと・・!!

本当にこのアルベルトをね、

わたしが中学校時代に乗っていれば

落ちたチェーンを直そうとして手がオイルまみれになることも

走行中に右足でライトを点けようとして右足が前輪に巻き込まれることも

後輪についている鍵をぶっ壊されて盗まれることも

ハンドルをハーレーダビッドソン並みに変形してイキることも

荷台の後ろの部分をかち上げてイキることも

なかったわけですよ・・・(最後の方アルベルト関係ない)

もっと早くアルベルトと出会いたかったナァ・・・

ということで、

MIHO氏激推しの通学用自転車のご紹介でした。

 

よければ下に共有ボタンがあるので共有してね!

それではまた明日!

MIHO氏でした(*´꒳`*)