エタップ・デュ・ツールの話

みなさんこんばんは。MIHO氏です。

明日は何の日?のコーナーです。

明日7/12はラジオ本放送の日。

1925年(大正12年)の今日、現在のNHKがラジオの本放送を開始したのだそうです。

当時は契約しないと聞けなくて、約3500件が契約。

1日5時間の放送で、受信料は月額1万円だったんだって。

当時の1万円って結構な額ですよね・・・

お金持ちしか聞けなかったんだね。

そしてラジオの歴史って長い。すごいですね。

普段は音楽ばっかり聴いてるけど

明日はラジオちょっと聞いてみようかな。

スポンサーリンク

さて、本日のブログは今年MIHO氏も参加する

『エタップ・デュ・ツール』

の話です。

ずっと『エタップ参戦するよー!』と言い続けていますが、

具体的にはどんなイベントなのか

自分自身が振り返るという意味でも、みなさんにお伝えしていこうと思います。

 

エタップ・デュ・ツールの公式HPより

エタップ・デュ・ツールとは

世界最高峰の自転車レース『ツール・ド・フランス』という大舞台の臨場感と興奮を一般サイクリストが体験できる自転車イベント。

『ツール・ド・フランス』のコースを使って行われる唯一のイベントということで、参加枠はすぐに満員になるそうです。

日本からは片山右京さんや佐藤琢磨さんなどが参戦したことで有名です。

日時

2019年7月21日(日)

エタップ・デュ・ツール2019の舞台

今年のツール・ド・フランスで27日に行われる第20ステージが今年のエタップの舞台となります。

スタート地点はアルベールヴィル。

ウィキペディアより

アルプスの麓にある町だそうです。

自然が豊かで綺麗な町だそうで、MIHO氏も旅の前半に滞在する町なのでとても楽しみです。

 

そして、ゴール地点はバルトランス。

Googleより

雪?!?!?!!?

めっちゃ銀世界なんやが?????

調べてみると、世界でも有数のスキーリゾートなんだそうです。

まぁさすがに7月には雪はない(と思う)にしても

かなり高地にあるのが分かりますね。

なんとヨーロッパでいちばん標高の高いスキー場なんだって。

標高の高いところでは3000mを余裕で超えています。

いや・・・怖い怖い怖い

標高とか聞くと動悸と息切れが・・・(自転車乗りあるある)

 

 

エタップ2019の距離と獲得標高

今年の総距離は135km。

うんうん、そうだね

やっぱり世界クラスの自転車イベントですから

100キロは超えていかないとね。

そして獲得標高は・・・

4563m

いや、怖い怖い怖い!!!!

怖い怖い怖い!!!!!

なんすかこれ。

登りしかないんやが?????

絶対 無事に死亡するが????

ということで、今年のエタップは

135km、4563UPでございます。

今年の参加者のうち

何千人がリタイアするだろうか・・・

2009年のエタップでは1万3500人が出走し、完走者は9877人。

4人に1人以上がリタイアするサバイバルレースとなったそうです。

MIHO氏、がんばるっ

スポンサーリンク

今回のエタップでは、エイドステーションが6箇所あるそうです。

バナナ、オレンジ、ナッツ類、ハム、チーズ、パン、チョコレートケーキ、パウンドケーキ、ドリンク数種類

といった内容のものが提供されるそうで、

日本のサイクルイベントみたいに立ち寄って味わうのではなく

あくまで補給所というような感じとのこと。

公式ホームページより

面白い情報が公式HPに出ていました。

・6カ所のフィードゾーンを用意

・7.5t のバナナ

・1.4t のあんず

・500kgのドライフルーツ

・400kg のポテチ

・100kg のボーフォール(フランスが誇る山のチーズ)

・600kg の地元産チーズ

・30,000枚 のパン

・60,000ℓ のミネラルウォーター

・8,000ℓ の炭酸水

・11,200ℓ のエナジードリンク

合計これだけの飲食物が用意されているとのこと。

もう、数字のレベルが違いますね。ケタ違いです。

エタップというイベントが、どれだけ規模が大きいかがよく分かりますね。

 

 

数字でいうと、公式ツイッターにも面白い数字が載ってました。

この画像によると、

71もの国々から16,000人が参加するとのこと。

そのうちの20%は初めての参加者。

31%がフランス国外からの参加者で、多い順だと

1位はイギリス、2位はスイス、3位はエストニア。

参加者のうち93%は男性、7%が女性。

参加者の平均年齢は44歳。

ということが書かれています(頑張ってGoogle翻訳した。)

スポンサーリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪🚴🏻‍♂️ En pleine montée du Col de la Croix Fry 🔻‬ ‪On their way to the Col de la Croix Fry 🔻‬ . ‪#LEtapeduTour ‬

L’Etape du Tourさん(@letapedutour)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

🚴‍♂️🚴‍♂️🚴‍♂️ #LEtapedutour

L’Etape du Tourさん(@letapedutour)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

This view 😍⛰ #LEtapedutour

L’Etape du Tourさん(@letapedutour)がシェアした投稿 –

公式のインスタを見ると、

もう景色がやばいですね。

まさにツール・ド・フランスでよく見る景色そのものです。

このなかを実際に自分が走れる・・・と、

正直すごく、とてつもなくわくわくするんですが、

先日の那須ロングライドでゲストライダーとしてご一緒した

真理さんと初山さん曰く

『4500登っている最中は景色を見ているヒマはない』

とのこと・・・(;´Д`A

更に、『わし完走できると思いますか』と聞いてみたところ

『少なくとも俺は走りたくない』

『トレーニングしてるならいけると思うけど、一般のサイクリストでは厳しい』

という現実的なご意見をいただきました。笑

まぁそうだよなーと・・・

しっかりと休憩を挟みつつ、ゆっくり走るのであれば完走できると思うんですけど

これは一応サイクルイベントで、制限時間があるんです。

そして、MIHO氏はなんと最後尾グループのスタート・・・

これは、なかなかに厳しいですよ。

『周りのペースに流されずゆっくりならイける!』

と思っていたのに

制限時間的に、そんなにゆっくりもしてられないと思われます・・・

うーん。

MIHO氏 がんばるっ

 

 

 

ということで、エタップ・デュ・ツールについてお伝えしてきましたが

いかがでしたでしょうか。

確かに、獲得標高はエゲツないですが

その規模の大きさと、壮大な景色に

『走ってみたい!』

と思われた方は多いんじゃないでしょうか😌

今回実際にMIHO氏が走ってみますが

フランスに行ってからも、エタップ情報を含めいろんなことをリアルタイムでお伝えしていきます!!

ぜひMIHO氏のツイッター・インスタグラムをフォローしてお待ちください(*´꒳`*)

MIHO氏ツイッター

MIHO氏インスタグラム

 

 

最後に、本日のねこ氏です。

それではまた明日!MIHO氏でした!

スポンサーリンク

One Reply to “エタップ・デュ・ツールの話”

  1. とりあえず自分は走ってみたいなぁ(^^)
    ガッツリ練習した後でしたら(^ ^)
    無理せずマイペースで行こ٩( ‘ω’ )و
    ガンバ!ファイトです!♪( ´θ`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。